🇸🇪 グレタさんが世界を変える!

 今や世界的に注目を浴びている、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん。ソーシャルメディアの効果も相まって、ツイートでの発言は各国の政治家までも関心を寄せています。まさに時代の寵児ですね!今年こそはノーベル平和賞を受賞してもらいたいものです。

セヴァン・スズキ

 実は1990年代にも同じように注目を浴びた、当時12歳の一人の日系カナダ人がいました。セヴァン・スズキさんです。父親はカナダの環境番組で有名なデヴィッド・スズキ博士。リオデジャネイロで開催された国連環境サミットの壇上で、堂々と各国の政府代表者らに訴えかけています。
 詳しくは、彼女の著書『あなたが世界を変える日』や、フランス人のジャンポール・ジョー監督のドキュメンタリー映画『セヴァンの地球のなおし方』をご覧になってくださいね。

YouTube: 国連広報センター (UNIC Tokyo)
Copyright © UNIC Tokyo

北欧の環境意識の高さ

 話はグレタさんに戻りますが、彼女はスウェーデン出身です。筆者自身もデンマークの国際NGOで6年間働き、北欧(スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー)の同僚に囲まれました。彼らは小さい頃から、環境や貧困、移民の問題など国際的な主要課題について教えられているそうです。それぞれ小国だからでしょうか、英語の国際ニュースなどに触れる機会も多いようです。そのため、非英語圏の国の中で英語力が非常に高いように思えます。また、国会議員の多くが女性で占められており、ジェンダーバランスが取れていますよね。
 とりわけ、北欧の人たちは環境意識が高く、道端にゴミなど一切落ちていせん。畜産業が盛んなデンマークでは、アニマルウェルフェア(動物福祉)の考えが進んでおり、快適な環境で飼育され、認証制度などによって外部機関から評価を受けています。スウェーデンやフィンランドでは林業が盛んですが、木材生産の持続性を保つため厳しい認証制度で管理されています。グレタさんのルーツもそんなところから来ているのかも知れません。北欧の環境意識の高さから学ぶことは多そうですね。

執筆:稲川 武

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中