🇭🇳 Yukoの中米ホンジュラス協力隊日記:スキューバダイビング

 はじめまして。JICA青年海外協力隊(環境教育)の横田と申します。現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で退避帰国中ですが、隊員として現地の生活や活動などについてお伝えしていきたいと思います。第一回は、ホンジュラスのレジャーについてお伝えします。

 ホンジュラスでオススメのレジャーは何といってもスキューバダイビングです。カリブ海にはオーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ大珊瑚礁地帯があります。カリブ海に浮かぶホンジュラスのバイア諸島でも、素晴らしい珊瑚礁の海を楽しむことが出来ます。

 バイア諸島には、ロアタン島の他にもウティラ島、グアナハ島、カヨス・コチーノス諸島があります。そのなかでもウティラ島は、他の島と比べてローカルな雰囲気で、安くスキューバダイビングライセンスを取ることが出来るので、世界中からダイバーがやってきます。日常会話は英語、欧米人が行き交う島は「ここはホンジュラス?」と思わずにはいられない場所です。

 ところで、カリブ海でも例に漏れずプラスチックによる海洋汚染は深刻な問題です。観光業が中心のバイア諸島では、昨年プラスチック容器入りの飲料の販売が中止されました。

Noticieros Hoy Mismo on Twitter(2019年11月6日)(現地ニュース) 

 ウティラ島へのアクセスは、首都テグシガルパから飛行機で北部の都市ラ・セイバまで移動し、その後フェリーまたはウティラ島行きの小型飛行機に乗り換える方法があります。高地で年中涼しいテグシガルパから、ホンジュラスの山間地帯を超えたカリブ海側は気温も湿度も高く、まさに熱帯地域の気候に驚きます。

 山に温かい空気がぶつかり雲が発生している様子がよく分かります。

 ラ・セイバ~ウティラ島を結ぶ飛行機はとってもコンパクト。コックピットの扉は開いたまま、どきどきのフライトです。今の感染症問題の状況では考えられない「蜜」な空間です(^^;

 私は他の隊員と一緒に、5日間でオープウォーターとアドバンストの2つのライセンスを取得するコースに参加しました。以前、旅行先のエジプトの紅海で体験ダイビングをして感動した経験から、カリブ海でもダイビングをしたい!という割と軽い気持ちでライセンス取得に挑戦しました。海の中の植生や生き物は言葉で表現できないほど素晴らしいものでしたが、船酔いと波酔いで途中離脱も真剣に考えるほど体力的に辛かったです…

 しかし、滞在中にダイビングセンターから見た水平線近くに沈む夕日や、

 ダイバーの方の結婚式にも偶然居合わせて、ホンジュラスでの心温まる思い出になりました。

 こちらは宗教や伝統にとらわれない自由な結婚式です。ホンジュラスでは、教会でのキリスト教スタイルの結婚式が一般的ですが、私の任地では、配属先の市役所で「シビルウエディング」(宗教によらず参列者が結婚を承認する形で行われる市民結婚式)を挙げるカップルもいました。

 ホンジュラスでは現在一部の商用便の運航が再開されていますが、空港利用時の規則や2週間の隔離などがあり、ダイビングを気軽楽しめるようになるにはまだ時間がかかりそうです。そのような中ですが、10月からウティラ島のダイビングセンター(Instagram)が再開するそうです。

 人間界はざわついている一方、海の中はいつもと変わらず、感染症問題とは無縁の静かな世界なのだろうと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

執筆:横田 裕子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中