山ちゃんのベジタリアンレシピ特集:青椒肉絲×大豆ミート

こちらの記事もオススメ:山ちゃんのベジタリアンレシピ特集:ダル豆カレー

こんにちは。環境×旅・食文化担当の山下です。

皆さんは素食という言葉をご存知ですか?

台湾では、古くからある菜食主義料理のことです。

元来は、宗教上の理由で食べられている精進料理ですが、現在では健康に気遣った食、肉に比べ環境負荷の少ない野菜・豆を使用した次世代の料理としてもスタンダードになりつつあります。台湾の素食は、厳密にはネギ・ニラ・ニンニクなどの香味野菜を使いませんが、今回は使用しています。

最近、『代替肉』という言葉をニュースなどで聞いたことがあるかもしれません。

今後の食料供給問題を解決するために、欧米では培養肉の研究が進み、米国ではすでに販売されています。今回は、通常牛肉や豚肉を使用する青椒肉絲を一種の代替肉である大豆ミートを使用して作りました。現在日本でも一部のスーパーで販売されています。

大豆ミートにはフィレ(薄切り)、ブロック(角切り)、ミンチ(ひき肉)タイプ等が販売されています。今回は、フィレタイプを使用しました。

材料<2人分>

大豆ミート(フィレタイプ)20~30g

ピーマン 3個

しいたけ 2個

たけのこ水煮(細切り)50g

長ネギ 10g

しょうが 1片

オイスターソース 大1

しょうゆ  小2

酒(紹興酒)大1

中華スープ 100ml *鶏ガラスープの素を湯で溶いて下さい。

水溶き片栗粉 大2 *分量により調整してください。

サラダ油 大2

ごま油 大1

作り方

1.大豆ミートを水で2時間戻し、軽く水気を絞ります。

2.大豆ミートを細切りにして、塩コショウをします。

3.フライパンまたは中華鍋に、サラダ油、ネギ、生姜を入れ香りがでるまで炒めます。

 *焦がさないようにしてください。

4.大豆ミートを入れ、水分を飛ばします。

5.一度、4を皿にあげます。サラダ油を少し入れ、ピーマン、しいたけを炒めます。

6.火が通ったところで、たけのこを入れます。

7.調味料を入れていき沸騰させます。

8.火を弱火にして、水溶き片栗粉を入れ混ぜます。

9.味を整え、最後にごま油を入れます。(味が薄い場合は、塩、醤油で調整してください。)

以上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中